生体造形モデルとは

生体造形モデルとは?

CTから派出される模型のことです。

イメージ

3Dプリンター

イメージ

造形モデル

イメージ

uPrint 3Dプリンタ

術前検査

Step1 上顎前歯部において

上顎前歯部の診査は関心部位のCTによるAxicne像、Satil像、Carewl像、及びボリュームレンダリング像(VR像)で、骨の垂直的量および鼻空との距離、骨の唇・口蓋的厚さ、鼻口蓋管の位置の確認を行う。
その後、生体造形モデルで埋入部の計測等を行っておく。

Step2 上顎臼歯部において

上顎臼歯部(図2-1)においては歯槽提の内と高さ、つまり立体的な骨量の把握が必要となるCTの画像診査に顎造形モデルを用いて頬一口蓋的な厚さの計測と上顎臼底までの距離をリーマーを用いて直接貫通するところまで計測する。

又、実際にリーマーで触れることで、骨質もある程度予測できる。
それによりSinus liftあるいはSoket liftを検討する。
又、使用する移植材の使用量を知ることが可能であろう。

Step3 下顎前歯部において

下顎前歯部は立体的な骨量(図3-2、図3-3、3-4)等をノギスで計測する。
又、オトガイ神経から 分岐した切歯管やオトガイ副孔の存在も認識しておく必要がある。

Step4 下顎臼歯部において

下顎臼歯部は骨の量的把握に加え、オトガイ孔及び下顎管の確認が重要なポイントとなる。
いづれの場合も下顎管の副管、オトガイ孔の副孔が存在することもあるので、CTによる充分な精査が必要である。
著者は使用する造形モデルを分割して下顎管の存在を確認することにしている。
又、ドリル使用時、舌側への穿孔を防ぐため顎舌骨筋付着部位の骨の形体も確認しておく必要がある。

インプラント手術における安全性と予知性を求めて

3次元造形プリンターを用いて生体造形モデルを作製し、インプラントを施行する関心領域を術前シュミレーションあるいは術中においては貴重な参考資料として用いている。
画像と造形モデルは同一のデータであるが、画像は我々の頭の中でイメージするものであるが、
一方造形モデルは実際に手で触れてみることができるものであり、直観力に優れているので手術の時も常に 手元に置いて手術野と交互に見比べながら埋入を行っている。

造形技術

デジタルスキャンされた三次元データから、3D造形プリンターを使って派出させる造形技術は、すでに工業界では広く用いられています。 また医療界においても整形・脳外科・顎・口腔外科等で、CTのDICOMデータから生体組織の複製を石膏、あるいは樹脂を用いて製作され、臨床に応用されつつあります。

歯科用CTを用いて術前のシミュレーションを行い、それを用いた診断は2次元的なレントゲン画像より飛躍的な情報を得ることが可能で、手術の安全性と予知性により多く貢献し、難症例にも対応できることが増え結果的に症例数拡大をもたらすことでしょう。

この画像診断に加えて、CT撮影によって得られるDICOMデータを、3次元造形プリンターを用いて生体造形モデルを作製し、口腔外科手術やインプラントを施行する前のシミュレーション、あるいは術中においても貴重な参考資料として用いることが可能です。 

イメージ

3Dプリンター

イメージ

造形モデル

イメージ

uPrint 3Dプリンタ