CT機を使用する理由

CT機を使用する理由

前提としてインプラントの治療には必ずCT撮影を行いましょう。

Point1
歯科用CTで撮影することで、レントゲンとは違い2次元の画像では無く、3次元の画像の為、様々な方向から顎が見ることができるので正確な治療を行うことが出来ます。
Point2
全国で歯科医院は約65,000院あります。そのうちインプラント施術をする医院は約9,000医院程です。その内歯科用CT機を設置している医院は約 600院程度なのが現状です。院内にCT機を設置せずにCTセンター等で撮影委託を行っている医院は約400院です。
歯科用CT機を使用した診療している医院はわずかです。これが現実です。当センターのキャッチコピーである「インプラント診療はまずCT撮影を」というのは安全且つ高い予知性を保持する為に掲げているものです。
Point3
歯科用CT機では医科用と比べて、約10分の1の照射量の為、人体に与える影響が非常に少ない。
Point4
一般の歯科医院でCT撮影をしない大きな理由はCT機が高額で導入が出来ない為です。