歯科用CT機とは

歯科用CT機とは?

イメージ

一般的にはCT機は医療の分野で使用されていますが、歯科医院では細かい情報が必要になってくる為、満足のいく診断ができるCT機はありませんでした。
正確な診断を行えるコーンビームX線CT装置CBスローン(歯、顎、顔面用)は、詳細なデータを三次元画像として提供してくれます。
撮影も短時間で終わるので被爆量が少なく又、座位による撮影の為窮屈な姿勢をしなくても済みます。
口腔外科に通われている患者さんはもちろんのこと、歯周病の把握、インプラント治療時の検査やシミュレーション、親知らずの治療の際の位置確認、その他今まで診えずらかった場所もが判るようになります。

CTのメリット

一般歯科で行う親知らずの抜歯などの手術においても、CT撮影をして、より正確な診断をし、経過観察においても、CTによる画像は大変重要なものです。
従来、CT撮影は、大規模病院の医科用CTのみでしか撮影が不可能でしたが、近年では当医院のような一般開業医でも、歯科用CTの設備を調え、より被曝量が少なく、費用もおさえて提供しています。

歯科用CT撮影

「歯科用CTで撮影した画像はDICOMというプロトコルに対応しており、画像閲覧ソフトがDICOM対応であれば全て閲覧する事が出来ます。一部の歯科用CT機ではDICOMが非対応ですので注意が必要です。まずはお気軽にお問合わせ下さい。」

CTの撮影を承ります

下記から 「CT撮影申込書・生体造形モデル申込書」を印刷し、必要事項をご記入の上、メディコデンタルCTセンター ボーンラボラトリー までFAX送信してください。
折り返しご連絡いたします。

FAX:042-776-7897

CT撮影受付時間

 
午前 
9:00~13:00
午後 
14:30~20:00

※木曜日・土曜日午後(●)は14:30~17:30までの診療となります。
※休診日:日曜日

CT撮影受付時間

Aコース
Viewer soft
無償ソフトをお持ちの先生向き
(1)10,000円
Bコース
無償ソフトを使用して3D処理画像も必要な先生
(処理は当センターで行います)
(1)+(2)15,000円
Cコース
CTデータをjpeg・bmpに変換
(3D・CT共に当センターにて画像処理)
(1)+(2)15,000円
Dコース
パソコン操作は面倒なのでCコースをOHP
シート用紙に印刷して欲しいという先生
(1)+(2)+プリントアウト20,000円

(1)撮影料・・・10,000円追加 及び 1年以内の撮影 ・・・ 5,000円
(2)画像処理 ・・・ 5,000円
※消費税は別途申し受けます。